チューリップ通信


19.07.29



 経産婦ということもあり、早めに子宮口が開いていたのになかなか陣痛が来ず、誘発分娩の日にちが決まっていました。なんとか自然に陣痛が来てほしいとの思いで誘発の日の前日、36週から通っていたヨガに参加していたところ、ヨガの最中に破水しその後2時間足らずで出産できました。お産に向けたヨガのポーズのおかげで自然に分娩できたと思います。一気に進んだので自分では呼吸法どころではありませんでしたが、後から聞いたら「上手にできていたよ。」と言っていただけました。今回、参加していなかったら誘発分娩になっていたと思います。マタニティヨガにはスムーズなお産に向けた意味があると改めて実感できました。それとともに、大きいお腹で出かけるのもつらくなる臨月の時期に頑張って産院にきて体を動かすだけでも意味があることだと思います。
 最後に、ヨガでお世話になった奥様、助産師さんにお産や入院生活を見守っていただけてとても心強く、楽しい入院生活になりました。ありがとうございました。
                                    M.R


Posted by 広川レディスクリニック





goPageTop