子宮ガン検診

子宮頸がんの原因は、性行為で感染するヒトパピローマウイルスとされています。
子宮体がんは不妊、月経不順、妊娠経験のない人、糖尿病、高血圧症、肥満傾向の人に多くみられます。
初期症状は、おりものや不正出血などがあり、このような症状がある方は自覚症状がなくても一年に一度はがん検診を受けてみましょう。


子宮頸がんは、特に20代〜30代の若い年齢に多いのが特徴です。
現在は、子宮頸がんの予防のために発がん性ヒトパピローマウイルスの感染予防接種を当院では行っております。



goPageTop

ブライダルチェック

曜日 水曜・土曜日の午前診
診療時間 9:00 〜 12:30
担当 女性医師(宮崎 和加奈)

他の曜日・時間帯でも承っております。
当院ではご希望により自費にてさせていただきます。

初診料 3,000円
検査料 15,000円
証明書料 2,000円

・血液検査 

  ABO式血液型・Rh式血液型
  B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス
  肝機能・腎機能・貧血・血糖

・一般尿検査

・風疹抗体

・性感染症(淋菌・クラミジア・梅毒・HIV)

・超音波

・子宮膣部細胞診

※場合により検査項目の変更があります。


goPageTop